ワードプレス-クラシックエディタの有効化プラグイン3選

WordPress

【WordPress】Classic Editorを有効化するプラグイン3選【クラシックエディタ】

この記事の対象者

困っている人
WordPressでClassic Editorを使いたいけどどうすれば良い?
困っている人
Classic Editorのサポートが2021年までって本当?!

Classic Editorについて

WordPressのver5.xx以降でクラシックエディターを使用する場合は

Classic Editor プラグインをインストールして有効化する必要があります。

この記事では、有効化が可能な3つのプラグインをご紹介したいと思います。

Classic Editorを有効化するプラグイン 3選

1. Disable Gutenberg

新しいエディタをクラシックエディタに置き換えるプラグインです。

こちらのプラグインは2022年以降も十分に機能させるために可能な限りサポートを続けるようです。暫くは安心して使えそうです。

Disable Gutenberg

 

2. Advanced Editor Tools 

こちらも新しいエディタをクラシックエディタに置き換えるプラグインです。

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)

 

3. Classic Editor

現行のエディタも併用して使用した場合こちらのプラグインをご利用ください。

Classic Editor

 

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました。

クラシックエディタに慣れ親しんでいる方は必須のプラグインですね。

-WordPress
-

© 2021 CatchUp.com Powered by AFFINGER5