YouTube

【YouTube】切り抜き動画は本当に儲かるの?2ヶ月で登録者数1,000人超の収益大公開

「ひろゆき」や「Daigo」「Vtuber」を皮切りに、ライブ放送の切り抜き動画と言うものがYoutubeの新しいジャンルとして確立されつつありますが

切り抜き動画は本当に儲かるのでしょうか?

当ブログの管理人が実際に2ヶ月収益化登録者数1,000人+総再生時間4,000時間を達成したので実際の収益や手法について大公開したいと思います。

2ヶ月で収益化達成しました

実際に収益化条件を満たしてから1週間後くらいにYoutubeからメールが届きました。
2021/04/30から切り抜きチャンネルを運営しているので約2ヶ月ほどで達成しています。

↓↓↓↓↓↓youtube2ヶ月で収益化

切り抜き動画での利益はどのくらい?

みなさんが一番気になるポイントかと思います。
具体的な収益に関してはyoutubeの規約で公開することはできませんが
大体、新卒初任給くらいの月収を得られるペースで収益が入っています。
もちろん登録者がどんどん増えている状況なので利益も右肩上がりの状況になっています。

【作成準備編】切り抜き動画チャンネル立ち上げ

ひろゆきの部屋

では、どのように切り抜きチャンネルを開設するかについて手順を解説していきます。

切り抜くYouTubeチャンネルを選ぶ

筆者
超重要です!ここが勝敗を分けます

競合が多すぎると、どんなに「良い編集」や「サムネイル」を作成してもYouTubeのおすすめ上に表示されません。未開拓領域を題材にした切り抜きチャンネルを狙いましょう。

例えば、今から「ひろゆき」氏の切り抜きを始めるのはオススメしません。何故ならすでにチャンネル登録者数が1万人以上のチャンネルが多数存在するため、自分が動画をアップロードしてもチャンネル登録者数が多い人気チャンネルが優先して視聴され、誰にも見てもらえない無風状態になる可能性が高いからです。

他チャンネルの調査

私の場合は、チャンネル設立時のライバルは100チャンネル程で、一番古いチャンネルの開始時期は2021/02でした。出来る限り競合が少ない&ライブ配信者が有名もしくは今後有名になりそうなライブ配信者を切り抜くことをおすすめします。

切り抜き行為を黙認しているか確認

以下2点の確認については必ず実施してください。

  • 対象のチャンネルが切り抜き行為を黙認しているかの確認
  • 対象のチャンネルへ切り抜き行為の許可申請

ひろゆきさんやDaigoさんなどの配信者は、有限会社 未来検索ブラジル(ガジェット通信)切り抜き動画運営の代行を行なっています。
また、Daigoさんの場合は、Dラボ会員であることが必須となっているようです。(がめつい・・)
【Dラボ】はこちらから → https://daigovideolab.jp/

他にも以下のYouTubeチャンネルの切り抜きを行う際もガジェット通信経由のようです。
ヒカルさん、Geroさん、ゴラクバ!さん、ひろゆかないさん、赤髪のともさん、あしあと。さん、岡田斗司夫さん、はなおでんがんさん、めいちゃんさん、もこうさん、ドグマ風見さん、宮迫さん、三人称さん、中井学さん、三崎優太さん、ジュキヤ/Jukiyaさん、タイショウさん、ウェザーニュースチャンネルさん、田端信太郎さん

武井壮さんの場合は、武井壮さんの公式HPよりスタッフの方へ連絡をする形になります。

【コンテンツ作成編】切り抜き動画チャンネル立ち上げ

切り抜くチャンネルや申請等が終われば後はひたすら動画作成作業です。以下で手順解説していきます。

ライブ配信のアーカイブ動画をmp4に変換する

切り抜き動画を許可しているチャンネルでは、ライブ配信をアーカイブしている事が多いです。動画編集をするためにはまず、YouTubeの動画をmp4形式のデータへ変換する必要があります。
こちらのサイトでアーカイブされている動画のURLからmp4ファイルを生成しましょう。海外のサイトですが、今のところ特に問題なく使用できています。

mp4形式へのデータ変換手順

  1. 検索窓にYouTubeの動画URLを貼り付ける
  2. 「OFF」ボタンをクリックする
  3. 変換が完了するとボタンの表示が「ここを右クリックして「名前をつけてリンクを保存...」」に変わるのでクリックする
  4. 画面が変わり動画が表示されるので、右クリックし「名前をつけて動画を保存」を行う

動画編集ソフトで動画にテロップを付ける

無料動画編集ソフト

別の記事で無料動画編集ソフトを紹介していますが、

現状、無数の切り抜きチャンネルが開設され、勝ち抜くことが非常に難しい状況となっているので、他のチャンネルと差をつける為に後述する動画編集ソフトを利用する事を強くオススメします。

有料動画編集ソフト

私がいくつか動画編集ソフトを使ってみた上でオススメするのはAdobeのPremiere Proです。
決め手を以下に記載します。

  • 自動でテロップを付けてくれる(⇦超重要 作業効率UP
  • Adobeのクラウドストレージが1テラバイト使える
  • Adobeのフォントが使える(無料ソフトのVrewだと使えるフォントが限られている)
  • フォントの装飾が細かく設定できる(無料ソフトのVrewだと変更ができない)
  • 動画書き出し時にYouTubeへアップロード可能(作業効率UP)

ポイントとなってくるのは1つの動画にかける工数を減らす点だと考えます。
YouTubeでは動画投稿頻度が高いチャンネルが再生数伸びる傾向にあり、高頻度で動画を出し続けることがチャンネルの成長に繋がります。
一方で、人間の時間は無限ではないので、できる限り時間を掛けずに動画を作成するかが重要になってきます。
切り抜き動画の場合は性質上、何度も動画編集を行う事になるのでこういった部分で他のチャンネルと差が顕著に出ます。

7日間無料なので試しに使ってみることもできます。一見操作が難しそうですが、YouTubeに解説動画がかなり上がっているので私の場合なんとかなりました。
こちらから購入可能です。

昔は高い印象がありましたが月々1,848円で利用可能です。
※学生の方は半額です。学生プランはこちらで購入できます。

切り抜きチャンネルを見ていると、収益化後にPremiere Proを使い始めている人が多いですが、本気でやる場合は最初から使用した方が、登録者数や高評価数の伸びは良いかと思います。

サムネイルを作成する

サムネイル作成の重要性

作成した切り抜き動画が視聴される経路は大きく3つあります。

  • YouTube内の検索
  • TOP画面のオススメ表示
  • TwitterなどのSNSからの流入

この中で最も割合として大きいのが「TOP画面のオススメ表示」です。
そのため、TOP画面で目に留まるサムネイルが重要になってきます。

定番!サムネイル作成ソフト

サムネイル作成に私はPhotoshopをオススメしますが、
皆さんにご認識頂きたい事としては「サムネがしょぼいと本当に誰も動画見てくれない」という事です。

「こんなに内容面白いのになんで見てくれないんだろう。。」とか日常茶飯事です。

多くの場合、以下が原因です。

  • サムネで視聴者に何を伝えたいのか不明
  • サムネから内容が推察できない
  • 数あるサムネの中から目に止まらない・目立たない

このような残念な結果にならないよう、YouTuberの方々がサムネ作成に使用している「Photoshop」を使っています。私のようにデザイナーではない人間でもYouTubeに転がっている解説動画を見ればある程度操作が可能でした、月々1,848円ですが、収益化されてしまえばすぐに元を取ることができる金額です。
こちらから購入できます。
(学生の方はPhotoshop以外のアプリ全て使えて半額です。こちらから購入可能です!)

【アップロード編】YouTube Studioにコンテンツのアップロードを行う

「フルテロップの動画」と「サムネイル」が出来上がりましたら次は「Youtube Studio」へアップロードを行います。

動画をアップロード

1. YouTube Studioの画面右上に「作成」ボタンをクリック
2. ドロップダウンで表示された「動画をアップロード」をクリック

3. 「ファイルを選択」をクリックし、アップロードする動画を選択しアップロード

動画のタイトルや概要欄を入力する

  1. タイトルはYouTube内の検索に引っかかりやすいワードを入力しましょう。
  2. 概要欄は、最初の数行が動画検索時に表示されるので、人を惹きつける文章を入力しましょう。

サムネをアップロードする

動画詳細画面の中ほどに「サムネイル」の項目があるので、赤枠部分を選択し作成したサムネをアップロードする。(データサイズの上限が2メガバイトなのでご注意ください)

その他の設定を行う

  1. 再生リストはチャンネル内の動画をジャンル分けしリスト化することができる機能です。チャンネル内の滞留を生み出します。
  2. 視聴者、この動画は子供向けですか?に関しては「いいえ」を選択してください。

最後に

切り抜き動画チャンネルの解説からアップロードまでのざっくりとした流れは以上となります。細かい部分でご不明点がございましたら、TwitterのDM頂ければ回答します。
⇨ @CatchUpcom1

【YouTube】切り抜きチャンネルを収益化する為に最低限やっておくべき事

続きを見る

-YouTube
-